FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Year Of The Tiger

突然ですが、あたくしはAlter Bridgeというアメリカのバンドにどハマりしております。何年か前にもエントリしてますけどね。相変わらず大好きなのです。

そのAlter Bridgeのヴォーカルを務めるMyles Kennedyというお方様がおるのですけどね、2018年3月9日はMylesの初ソロアルバムの発売日でした。リリースまでに9年かけてるんですよ。凄いですね。どんだけ待たせるんだっていうの。



全世界で3月9日解禁でしたので、販売当日の今日、当然の如くちょっとそこまで〜くらいな勢いで会社の隣のビルにある、CD storeへほぼ開店と同時に飛び込んで、恐らくまだ検品が終わっていなかったかもな状態から、無事に入手いたしました。



重複しますけど、検品もままならない状態のタイミングで取りに行った際に結構待たされたうえに「お待たせしました、こちらを3枚ですね!」と言われた時にはマジでビビったです。ストアのお姉さん、待たせてるのに焦ってしまったらしく、他の方の客注もまとめて持って来てたっぽいww
でも、おかげで他の方も予約してるのがわかってよかった。

彼の父上はMylesが5歳の時、1974年の寅年に亡くなっておりましてね。熱心な信仰心のある方だったらしく、治療を拒んで死に至った、との事。(要約)
このアルバムは明確なコンセプトがあって、それはMylesの実父に対する想いと実父がいない事で気づいた感情。敢えて感情とします。

あたくしはこれまでの人生をこのアルバムでけじめをつけにきたと受け取りましたよ。ええ、ファンなんで良いようにしか受け止めませんよ。だってファンですから!

こんなに可愛い子が悲しかったり苦しかったりしたのかと、どっぷり感情移入。馬鹿ですねぇ。


そんなどっぷり感情移入することとなった曲がこちら。大変悲しく聴こえますが、
愛は癒してくれるんだ。。とどちらかというと前を向いているのかな、な曲です。



見開き2ページを使ったサンクスクレジットを一目見て、涙が一気に出てきたのはここだけの話にしておきます。どどんと母上に当てられたThank Youの文字。発売日は3月9日。Mylesは日本語がわからないはずだけど、そんなダジャレンジャーな偶然さえも涙の要因になった馬鹿なファンなのです。


自虐プレイですが、こっちのブログもランキングに参加してみました。


にほんブログ村
役立つ記録は一切ございません
よろしければ、1クリックお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
Thanks Links
monthly archives
カウンター
rakuten
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。